東京大学大学院新領域創成科学研究科複雑理工学専攻/理学系研究科物理学専攻
江尻・辻井研究室

トップページ 研究紹介 研究室メンバー 大学院入試案内 研究業績成果 アクセス・コンタクト 写真集   English


 

 不安定な世界に安定なエネルギー基盤を作るために


人類のハビタブルゾーンの拡大のために


球状トマカクによる小型核融合炉の実現を目指します
 

プレス発表「核融合炉の効率的な燃焼制御への道筋を切り開く―炉心プラズマの加熱に必要な高速ヘリウムを閉じ込めつつ、 不要な低速ヘリウムを選択的に排出する条件を発見」、篠原先生が貢献


私たちは、東京大学柏キャンパスに設置された TST-2 球状トカマク装置を用いた高温プラズマの研究を行っており、主な研究テーマは以下のとおりです

 波動を使った加熱・電流駆動    極低密度高周波プラズマの物理
   乱流・輸送・不安定性  
 非線形・非平衡・自律系生成維持機構    先進計測手法の開発

これらの研究を通して、どこでも誰でも使えるコンパクトな球状トカマク炉の実現を目指します

 Youtube TST-2資料室 研究室行事カレンダー 研究室紹介ポスター 学位論文 投稿論文 学会発表 年次報
一般ニュース 研究ニュース 核融合研究教育プログラム トマカクとは 共同研究